不動産の売却2:不動産会社を絞る

皆さんこんにちは( ^o^ )/
不動産の売却について基本的な知識のご紹介、前回は「物件価格の査定を依頼する」でした。
それでなるべく高いところに任せましょうとお話しました。

ではどこに任せるか、不動産会社の選択には売却の価格以外にも様々なポイントがあるのですが、実はこれらは「参考程度」なのであまり気にしすぎても仕方ありません。

不動産会社をチェック

例えば公的な情報を利用して不動産会社チェックする方法として「免許番号」という要素があります。
免許番号の( )内の番号は宅地建物取引業の免許の更新回数を表します。数字が大きいほど営業年数が長く経験が長いので信頼できる・・・というものですが、長ければいいというわけでもないのです。

長くやっていても昔ながらの経営方針でネット環境を活用してなかったり、逆に営業年数は短くても優秀な会社はあることでしょう。
ではどこで判断するか、最大のポイントは「売却の担当者」です。良い担当者に巡り会えるかどうかが決め手になります。

大手か地元密着か?

CMなどで広告をたくさん出していて、豊富な人員と手持ちの物件情報に多数の顧客リストを抱え買い手を探しやすく、保証や各種サービスなどの社内体制が整っている大手がいいのか?
それとも地元の街に根付き細かく様々な物件を把握していて、大手には無い顧客の情報を持っている中小がいいのか?

色々考えると思いますが、そもそも売却を依頼された不動産会社は、レインズ(不動産流通機構)と呼ばれる情報システムに物件を登録しなければなりません。そしてレインズはインターネットでどこの不動産会社でも閲覧することができるので、大手も中小も公開されている物件情報を広く把握できるという点では変わりません。

したがって、会社の規模はさほど気にしなくていいと思います。重要なのは担当者です。不動産業界は担当者の権限が強いので希望通り売却できるかどうかは担当者次第と言っても過言ではありません。

良い担当者と出逢うには

ではどうすれば良い担当者に出逢えるのでしょうか?
前回「複数の不動産会社に査定を依頼する」とお話しましたが、この時に提示された査定額やその根拠について、詳しく説明を求め、担当者の戦略を教えてもらいましょう。

この物件を、いくらで・どのように売り出して、最終的にはいくらで売るのか?また、なかなか売れない場合の対応はどうするのか?
など、各担当者の考えや想定している展望などを聞いた上で「この人なら安心して任せられる」と思えた担当者にお願いしましょう。

この担当者は信用できないかもしれない・・・と思ったら、不動産会社に伝えて担当者を変えてもらうことも可能です。ここで遠慮してはいけません。
それも難しいということならば、思い切って不動産会社ごと変えるのも1つの手です。


不動産の売買を首尾よく進める1つの要素として「担当者選び」は決しておろそかには出来ません。
誰でも同じと言うわけではないのですが、逆に、良い担当者に巡り会えたら一安心ということですね。

今回はここまでで、次回に続きます(^^)/